別冊 and photo
フレンチブルドッグのチャコさんとフォトスタジオand photoを中心に空回る日々!
2015年4月16日 Thu. ソウル4日目


とうとうソウル最終日の朝が来たねぇ。

現実逃避4日間はあっちゅー間やねぇ。


ちなみに4日目チャコさんは、

実家でやっぱり相変わらずフツーに過ごしてるとかで。

「まだ日付け変わってることに気づいてへんかも」と母。


んなこたぁないやろー ( ̄▽ ̄;) どんだけバカ?


「今夜も預かろっか? ちょっとゆっくりしたら?」と母。

でも、今夜は迎えに行くことにした。


忘れられそうやから ( ̄ー ̄)







ロッテホテルのパンがやたら美味しいんだと

パン好きの友達が言うので朝食にしてみた。

特にクロワッサンが気に入ったでー♪


朝食の後はひと仕事せねば。

スーツケースに荷物を詰める時間がドキドキする。


「重量オーバーです」恐怖症。


今回はケンさんのスーツケースにも絶妙に分けて、

慎重に何度も持ち上げて確認する。

「チャコが15kgやから・・・」


重さの基準が飼い犬。







お昼ごはんは昨夜食べ損ねたビビンバ。

恐らく誰もが前を通り過ぎてしまうような所にある

石焼ビビンバ発祥のお店、全州中央会館。






美味しいビビンバを熱々のまんま食べられるようにと

この石の器を作ったのが、ここ全州中央会館。


ソウルで最後のお食事になるわけで。

ケンさんがアタシに何度も確認する

「チョギヨやった?」 「トゥゲ?トゥゲ?」

小声でコソ練してからの、ケンさん挙手。


「チョギヨー」(すみませーん)

「トゥゲ」(ふたつ)


・・・最終日ぐらい言ってみたかったらしい ( ̄▽ ̄;)


石焼ビビンバ間違いなく美味しい!

だけじゃない。


スタッフがみんな優しい (# ̄▽ ̄#)


「サジンチゴド ケンチャナヨ?」(写真撮っても大丈夫ですか?)

※必ず聞いてから撮りましょねー

ビビンバを持ってきてくれたお姉さんにおたずねしたら、

ものすっごい笑顔で「イェー イェー チョアヨ チョアヨ」

(はいはい、いいですよ、いいですよ) から始まり

お姉さん一気に何やらペラペラ喋り始めちゃった。


さてこのような場合どうする?


笑っとこか。


とりあえず「イルボンサラムニダ。」(日本人です)と

なんとか申し訳なさげにお伝えすると、

「イェー イェー」お姉さんまた超笑顔。


優しいなぁ〜 あったかいなぁ〜


せっかく気安く喋ってくれてるはのに

上手く返せないもどかしさったらないわぁ。

もっとシッカリ韓国語を勉強せなならんと思ったね。


韓国へ来ると、

電車の中でオバちゃんが気軽に話しかけてくれたり、

オジさんが「日本人ですか?韓国はどうですか?」って

笑顔で声掛けてくれたり、わかりやすく言うと


大阪っぽい。


初めて韓国を体験したケンさんの感想は、

・ みんな優しい

・ 電車のマナーが良い


この日の夜、日本に帰ってきていきなり

某電車の窓口の女性がすっごい横柄な態度だったことと、

地下鉄で隣の席に座った学生男子が

人の迷惑顧みず足を放り出して座ってたこと、

ケンさんが「日本の恥」とまで言うたからね ( ̄▽ ̄;)


今回、アタシの韓国好きの理由を

ケンさんに理解してもらえて何より。

ケンさんの口から「アイゴ〜」が出なくて何より。


また行かせてねー (⌒▽⌒)

コマウォヨ〜



スポンサーサイト



プロフィール

Emika

Author:Emika
iPhone撮影の写真が大半ブログ。
フォトスタジオなのに!?
おぉ、気にしなーい。



月別アーカイブ



カテゴリ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



カウンター